/

この記事は会員限定です

佃HD社長「経営と所有、分離進める」

[有料会員限定]

ロッテは解任された創業家の長男がグループ会社らを相手取った訴訟を起こすなど「お家騒動」で注目を集めた。経営のあり方についてロッテHDの佃孝之社長は「経営と所有の分離を今後も進める」と、創業家が単独で事業を進める体制を改めていく考えを示した。

創業者の重光武雄名誉会長が1948年に事業を興した日本では製菓事業がメーンだが、韓国ではホテルやショッピングモールなど幅広く手掛ける。現在の売り上げ規模は韓国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン