/

この記事は会員限定です

目に見えぬ神経を検知 手術で傷つけず

東レなど、特殊な光波長活用の技術

[有料会員限定]

東レは京都府立医科大学と共同で、手術時に末梢(まっしょう)神経を検知し、傷つけずに執刀できる技術の開発に世界で初めてメドをつけた。末梢神経は肉眼で見分けられないほど細く、切りつけてしまうケースが後を絶たないが、特殊な光の波長を利用して神経を見分けることで手術の精度を高める。1~2年後を目指して人に対する手術で試験し、早期の実用化につなげたい考えだ。

東レは衛生材料や透析機器など医療関連事業の強化を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン