2019年6月19日(水)

投信のコスト革命本格化
若い世代取り込み狙う

2015/11/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の投信市場でコスト革命が本格化している。保有コストが超格安な投資信託が夏以降に続々と登場しているためだ。いずれ投信の中心的な顧客になる、コストに敏感な若い世代を取り込むのが狙い。より低コストでの資産分散ができるようになり長寿時代の老後資金作りに役立ちそうだ。

「夢のような低コスト」「乗り換え検討中」。ニッセイアセットマネジメントが12日、3本のインデックス(指数連動)型投信の保有コストを21…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報