/

この記事は会員限定です

「著作権侵害の非親告罪化」 二次創作は対象外に

文化審、TPP受け

[有料会員限定]

文化審議会は、著作権侵害の処罰を著作権者による告訴がいらない非親告罪とすることについて基本的な考えをまとめた。パロディー、コスプレ、同人誌などオリジナル作品から派生した二次創作に影響が出ないようにするため、海賊版にのみ非親告罪を適用する方向。環太平洋経済連携協定(TPP)の大筋合意を受けた著作権法改正に反映する。

同審議会の著作権分科会法制・基本問題小委員会が、権利者団体などへの聞き取りを経て対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン