技術革新生む組織の条件 いい人材を異動させよ プリウス開発を指揮 和田明広氏

2015/11/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トヨタ自動車の技術担当副社長として、初代プリウスの開発を指揮した和田明広・アイシン精機顧問に、技術革新を生む組織の条件などを聞いた。

――社内でも無謀だと言われた新技術がなぜ2年で開発できたのでしょう。

「1990年代初めから色々なプロジェクトが始まっていた。大気汚染や温暖化を巡る議論が米欧で高まってきて、21世紀に向けて何か新しい技術が必要だという問題意識が上層部に強くあった。1999年で考え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]