/

この記事は会員限定です

独善だった日本の規制 審査の仕組み、機能不全

元原子力安全委委員長 班目春樹氏

[有料会員限定]

日本の原子力安全規制はどこで誤ったのか。福島第1原発事故の際に原子力安全委員会(当時)の委員長を務めていた班目春樹氏に聞いた。

――どこが分岐点だったのでしょうか。

「(1978年に)原子力委員会から原子力安全委員会を独立させた時点でボタンを掛け違えた。事業者の申請を受けて所管官庁が審査し、さらに安全委が2次審査をする仕組みにした。だが2度やるから日本は安全だというのは間違いだ。国際原子力機関(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン