/

この記事は会員限定です

民泊、都内で機運高まる 訪日客誘客、大田区に続き

港・豊島区でも協議 近隣住民の理解課題

[有料会員限定]

東京都内で一般住宅などに観光客を泊める「民泊」の制度化に向けた動きが広がっている。国家戦略特区の特例で、まず大田区が12月に条例を制定する。外国人が多い港区や渋谷区も検討を始めた。訪日客の急増などによる宿泊施設不足に公的に対応する。ただ近隣トラブルや衛生面などへの影響を懸念する声も根強い。地域の合意形成や安全・安心を確保する仕組みづくりが課題となる。

大田区の民泊に関する条例案は事業範囲を建築基準法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン