/

この記事は会員限定です

郵政、宿題抱え船出

4日上場、成長力に不安 海外M&Aに活路

[有料会員限定]

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の郵政グループ3社が11月4日、東京証券取引所に株式を上場する。上場郵政が意識するのは、民営化後の機動的な経営で評価を上げたJT(旧日本専売公社)だ。ただ、郵便市場は縮小傾向で金融事業の収益も低迷している。政治との関係も曖昧さが残り、成長軌道に乗せるのは容易ではない。

「上場後の事業展開を下支えする」。10月30日、豪メルボルン。日本郵政グループの諫山親日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません