(ずさん工事なぜ)外注が進み、現場空洞化 東京大学生産技術研究所教授 野城智也氏 

2015/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

今回の問題の背景には建設現場の空洞化がある。大手のゼネコン(総合建設会社)が元請けの場合でも、現場監督を務める技術系の正社員はごくわずか。マンション建設など仮に現場監督が20人いたらゼネコンの正社員は5~6人で、あとは派遣社員という例もある。人手不足に加え、外注を進めてきた結果だ。

現場を管理する力も落ちている。バブル前にゼネコンに入社した技術系の社員は、実際の工事を進めるのに必要な「施工図」を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]