/

この記事は会員限定です

父親向け休暇 効果あり

スウェーデンの担当相に聞く

[有料会員限定]

父親たちがパタニティーブルーに悩む原因の一つは、育児を担う男性が少なく、孤独感を感じやすいためだ。一方、スウェーデンでは男性の9割が育児休暇を取るなど、父親が積極的に子育てに関わっている。来日したオーサ・レグネール児童・高齢者・男女平等相(51)に、男性の育児参加を増やす方策を聞いた。

我が国は1974年、世界で初めて両親が取得できる育児休暇を導入した。1995年には父または母のみが取れ、相手に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン