/

この記事は会員限定です

集団創作 アートに新風

個性持ち寄り作品に献身

[有料会員限定]

個人ではなく集団で作品を創作する美術家が注目されている。複数の作家の発想が混じり合うことで、作品は意外性のある表現を見せる。「アートは個人の感性が生み出すもの」という従来の芸術観が変わりつつあるようだ。

中年男性の顔を写した巨大な立体物を都市の上空に打ち上げた「おじさんの顔が空に浮かぶ日」。美術館の屋内消火栓の扉の向こうに、謎のアジトのような空間を緻密にしつらえた「Replicational S...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン