2018年1月19日(金)

今年のノーベル賞 その意義は
生理学・医学賞 熱帯病に効く物質発見 土中の菌、有望株の宝庫 国内に膨大な試料、利用機運

2015/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 2015年のノーベル賞は、日本の研究者が生理学・医学賞と物理学賞の2つを受賞することが決まった。大村智北里大学特別栄誉教授は、土壌にすむ細菌からアフリカなどに広がる寄生虫病の治療に役立つ物質を発見。梶田隆章東京大学宇宙線研究所所長は、謎の素粒子ニュートリノを観測し、この宇宙の成り立ちについての理論に新たな突破口をもたらした。化学賞は、遺伝子の本体であるDNAに傷がついたときの修復メカニズムを解明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

ノーベル賞ノーベル賞特集



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報