/

この記事は会員限定です

新潟市「新バス」不安な発車

頼りなくても代替なし

[有料会員限定]

新潟市の新バスシステムが9月に始まった。中心部に基幹路線を設けてバス車両や施設を公費で整備、運行は地元の新潟交通が担う公設民営方式だ。バス路線の衰退を食い止めようという市の重点施策だが、運賃の誤徴収やダイヤの乱れなどトラブルが続発。地域の足を1社独占のバス会社に委ねるしかない中で、市は対応に追われている。

新システムは新潟駅―青山間の幹線路線「万代橋ライン」と、主要停留所からは郊外へ向かう支線を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン