/

この記事は会員限定です

人工知能が変える未来 ものづくりで日本に勝機

「子供のAI」活用カギ 松尾豊 東京大学准教授

[有料会員限定]

人工知能(AI)の研究者らが1980年代に提唱した「モラベックのパラドックス(逆説)」というものがある。大人ができることよりも子供ができることの方が、コンピューターで実現するのは難しいというものだ。コンピューターに知能テストを受けさせたりゲームをプレーさせたりするよりも、1歳児レベルの知覚と運動のスキルを与える方がはるかに難しいか、あるいは不可能である。

60~70年代にかけて「医療診断をするA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2809文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません