/

この記事は会員限定です

フランシス・クリック マット・リドレー著

DNA解明に貢献した科学者

[有料会員限定]

20世紀の生物学で最大の発見のひとつといえば、遺伝子の正体であるDNAの二重らせん構造の解明と、そこに遺伝情報がどのように格納されているかの遺伝暗号の解明であったことは誰もが認めるだろう。この本は、その両方の主役であったフランシス・クリックの生涯をまとめた伝記である。クリックといえば、二重らせん構造のもうひとりの発見者であるワトソンの陰に隠れている印象があるが、この本を読めば、クリックこそが重要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン