/

この記事は会員限定です

安保法案成立へ 集団的自衛権行使可能に

戦後政策の大転換 野党、違憲と批判

[有料会員限定]

今国会最大の焦点である

安全保障関連法案(総合2面きょうのことば)は19日未明の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立する。集団的自衛権の行使を認める内容で、戦後の安保政策は大きく転換する。民主党など野党は関連法案を「憲法違反」と主張し、世論に反対論が残る中、安倍政権は合憲との立場を強調し、抑止力の向上を訴えて採決に踏み切った。(関連記事総合1総合2政治面、社会2面に

民主党など野党5党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン