/

この記事は会員限定です

投資信託のイロハ(8)

毎月分配型は運用効率に難

[有料会員限定]

投資信託の中で根強い人気を誇っているのが「毎月分配型」と呼ぶ商品です。その名の通り分配金を毎月受け取れるのが魅力なのですが、運用効率の面から考えると決して合理的とは言えません。

効率良く資産を増やすには運用収益を再投資する複利運用が鉄則です。ところが分配金を受け取ると、それだけ再投資の額が減りますから複利効果が低下するのです。

分配金を再投資に回したとしても、分配金なしの投信に比べて複利効果は落ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン