2019年9月16日(月)

(金融アイテムレビュー)フラット35(リフォーム一体型) (住宅金融支援機構) 古い建物も借りやすく

2015/8/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

住宅金融支援機構は4月、中古住宅購入とリフォームの資金を合わせて借りる長期固定型住宅ローン「フラット35(リフォーム一体型)」を始めた。8月の最低金利(融資率9割以下)なら35年、1.58%の全期間固定で借りられる。

最近、中古住宅購入とリフォームの資金を一体で貸す民間住宅ローンも増えている。ただ、民間では築20年程度で建物価値はゼロとみなすことが多く、担保評価の点で希望借入額に届かない例がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。