/

この記事は会員限定です

コンビニ10兆円時代(5)

高まる社会的役割

[有料会員限定]

全国に5万店強あるコンビニエンスストアは、チェーン展開する小売りや飲食の中で最も店舗数が多い。拠点数の多さやシステム化されたコンビニの機能を取り込む動きは活発化している。単なる小売業の域を超えて生活を支える存在だ。

「東日本大震災の発生や日本社会の価値観の変化によりコンビニエンスストアに対する社会インフラとしての期待が高まっている」。経済産業省の研究会が3月にまとめた「コンビニエンスストアの経済・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン