2018年7月17日(火)

市民が支える 科学の進歩
人手いる研究 有志が参加

2015/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 市民が科学研究に参加する試みが世界的に広がっている。IT(情報技術)の利用で、誰でも研究の基礎になるデータを手に入れ、分析できるようになった。科学者にとっては人手がかかる研究を手伝ってもらえる利点があり、参加者には本物の科学研究に触れる楽しさがある。社会に開かれた「オープンサイエンス」の新しい形だ。

 「登録者は約500人。実働は360人くらいかな。毎週100ほどの新規データが届く」。市民による放…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報