2018年12月13日(木)

「生」捉える濱口監督作品、ロカルノで受賞

2015/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ロカルノ国際映画祭で濱口竜介監督「ハッピーアワー」に主演した4人が女優賞を射止めた。受賞した田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りらは、濱口が神戸で開いた「即興演技ワークショップ」の参加者。いずれも演技経験がなかった。5時間17分の大作は、生々しい会話と身ぶりによって、彼女らの「生」をまるごと捉える。脚本に対する特別表彰も受け、濱口の方法論が高く評価された。

映画は阪神間に住む30代後半の女友だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報