/

この記事は会員限定です

企業統治強化で生産性高めよ

慶大教授 小林慶一郎氏

[有料会員限定]

日本の経済を成長軌道に乗せるためにはアベノミクスの「第3の矢」でまだまだやらなければいけないことがある。期待したいのがコーポレートガバナンス(企業統治)の強化策だ。

1980年代やバブル崩壊前は銀行を中心とした企業統治がうまく機能し、企業は緊張感を持った経営ができていた。バブル前後を境にして銀行の力が弱り、企業でカネ余りが常態化すると、銀行に頼らない経営が広がり、規律が緩んだ。それが生産性が伸び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン