白亜紀、温暖な気候、恐竜が巨大化

2015/8/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

恐竜がのし歩いていた約1億4500万年前から6500万年前の白亜紀は、生物の誕生以降、最も温暖な気候だったとされる。二酸化炭素(CO2)濃度は現在の4~10倍も高く、植物が繁茂した。そのおかげで植物を食べる草食恐竜が増え、草食恐竜をえさとする肉食恐竜も増えた。

最初の恐竜は体長1メー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]