/

この記事は会員限定です

産学連携 30年に1兆円市場

[有料会員限定]

セルロースナノファイバー(CNF)は自動車部品や食品の鮮度を保つ包装材、液晶ディスプレーなど様々な用途に利用できる。経済産業省は2030年に1兆円規模の市場に育てる目標を掲げ、産学連携の動きなどを後押ししている。別の試算では自動車部品関連だけで3000億円以上になるとの見方もある。

自動車の樹脂部品などに混ぜる素材としては現在、炭素繊維...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません