/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

江戸時代後期の寛政年間に刊行された「機巧図彙(ずい)」は、からくり人形の仕組みを図解した本だ。ぜんまい仕掛けの「茶運び人形」、手足が糸で連動しトンボ返りをする人形……。細川半蔵という発明家が書いた。人気を呼び、江戸に続き大坂や京でも出版されたという。

▼昨秋出た「完訳からくり図彙」(村上和夫編訳)という現代語訳をみてみよう。人形の構造のほか部品の図もあり、実に精密だ。作り方も注意点を交え丁寧に説明し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン