2018年7月22日(日)

2015/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 江戸時代後期の寛政年間に刊行された「機巧図彙(ずい)」は、からくり人形の仕組みを図解した本だ。ぜんまい仕掛けの「茶運び人形」、手足が糸で連動しトンボ返りをする人形……。細川半蔵という発明家が書いた。人気を呼び、江戸に続き大坂や京でも出版されたという。

▼昨秋出た「完訳からくり図彙」(村上和夫編訳)という現代語訳をみてみよう。人形の構造のほか部品の図もあり、実に精密だ。作り方も注意点を交え丁寧に説明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報