/

この記事は会員限定です

ネットフリックス上陸(中) 国内企業、協調か競合か

コンテンツ制作など商機

[有料会員限定]

「『シドニアの騎士』の続編を作ってください」――。アニメ制作のポリゴン・ピクチュアズ(東京・港)には最近、海外から頻繁にこのようなメールが届く。日本向けに制作したアニメ作品だが、動画配信最大手の米ネットフリックスが昨夏から米国などで独占配信を開始。海外のファンが一気に増えたためだ。

ポリゴン・ピクチュアズの塩田周三社長は「ネットフリックスからは従来では考えられない破格の料金提示を受けた」と驚きを隠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン