2019年2月20日(水)

宮城・ホヤ、一口で5つの味
とれたてほやほやが命

2015/8/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

甘味、塩味、苦味、酸味、うま味の5つの味が楽しめるといわれる珍しい食材、ホヤ(マボヤ)。見た目から「海のパイナップル」の異名を持つ。独特の風味で好き嫌いは分かれるが、日本一の生産地である宮城県では夏の味覚として親しまれている。新鮮なまま刺し身で食べるのが一般的だが、様々な加工品も売り出され、酒のつまみとして左党の人気も高い。

県内有数のホヤの産地として知られる牡鹿半島の鮫浦(さめのうら)湾。7月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報