2019年8月20日(火)

企業、負債の活用に節度を
資本構成に余裕必要 伊藤友則 一橋大学教授

2015/8/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本企業はしばしば外国人投資家から「無借金経営は資本効率が悪い」との批判を受ける。企業はどの程度負債を活用すべきなのか、レバレッジ(負債の活用)は企業価値や株価を上げるのに貢献するのか、といった問いに答えるのが最適資本構成の理論である。本稿では、この伝統的理論を実際の企業経営にどのように適用すればよいのかについて考える。

近代ファイナンス理論における最適資本構成の議論はモジリアーニ・ミラー(MM…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。