/

この記事は会員限定です

特許、2割弱が「休眠」 開放で発明者にやる気

[有料会員限定]

特許開放が大企業にもたらす利点は何か。日産自動車は技術ライセンスの狙いに「日産技術による話題づくりと、開発者モチベーション(動機づけ)の向上」を掲げる。特に後者は研究開発型企業に共通といえる。

大企業は、特許を使った製品の売上高から一定の利用料を受け取る。ただ相手が中小の場合「担当者の人件費もまかなえない」ことが多い。

では社会貢献かといえば、必ずしもそうではない。大企業の研究者にとって自らの発明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン