/

この記事は会員限定です

TPP 12カ国ルール案要旨

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)12カ国ルール案の概要は以下の通り。

【サービス・投資】▽市場アクセス改善は、原則すべてのサービス及び投資分野を自由化の対象とし、規制の根拠となる措置や分野を列挙する。規制の現状を明確化して透明性を高める。

▽コンビニを含む流通業の外資規制を緩和する。ベトナムではTPP発効から5年後に、500平方メートル未満の小売店舗が出店するときに「経済需要テスト」を全土で免除。マレー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン