/

この記事は会員限定です

上映 バリアフリー広まる

ひらがな字幕や音声ガイドなど

[有料会員限定]

目や耳の不自由な人に映画を鑑賞してもらおうと、音声や字幕で解説を付ける「バリアフリー上映」がゆっくりと広がっている。コスト面などの課題を克服しようと関係者は知恵を絞る。

今月20日、東京・練馬のシネコン、T・ジョイ大泉。目の不自由な観客向けに字幕や解説を音声で流し、イヤホンで聞いてもらう音声ガイド付き上映があった。

分担して読み上げ

作品は米映画「アリスのままで」。アルツハイマー型認知症を患った言語学者をジュリアン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン