ピジョン、営業益最高70億円強 2~7月2割増 中国で購買層広がる

2015/7/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ピジョンの2015年2~7月期の連結営業利益は、70億円強と前年同期から約2割増え、この期として最高益を更新する見通しだ。中国を中心に主力の哺乳瓶など乳児向け製品が伸びる。日本国内でも訪日外国人客向けのインバウンド消費の恩恵が鮮明だ。

売上高は450億円と1割強増える。中国では同社製品のユーザーが富裕層から中間層まで広がり、特に江蘇省南京市や重慶市など内陸部の大都市で伸びている。日本では乳児1人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]