/

この記事は会員限定です

人工知能の実力(中)「深層学習」で自ら賢く

人の脳まね情報処理

[有料会員限定]

人工知能が注目されるきっかけになったのが「ディープラーニング」(深層学習)と呼ぶ技術の登場だ。人の脳をまねた情報処理の仕組みで、大量データの中に潜む複雑な特徴を自力で探し出す。ロボット制御や画像解析、工場での故障検知、病気診断など、多くの応用が期待されている。

ボールを見つけた身長60センチメートルのヒト型ロボットが、ボールを両手の間で転がし始めた。ボールを制御するプログラムは入っていない。人がロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン