東芝、プライドが統治阻む
第三者委報告専門家の見方 不適切会計の背景、独自のルールまん延

2015/7/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝の不適切会計を調査した第三者委員会の報告書は、経営トップの関与を鋭く指摘した。報告書から読み取れる問題の本質や教訓は何か。会社や役員の法的責任追及はどうなるのか。企業統治に精通した専門家らの意見をもとに論点をまとめた。

(編集委員 渋谷高弘、木ノ内敏久)

日本を代表する大企業の不祥事。根幹には「140年の歴史をもつ東芝のプライドがあった」と、複数の専門家はみる。内部統制コンサルタントの笹本雄司…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]