/

この記事は会員限定です

4年制職業大学に疑問 専門学校母体の新機関

金子元久・筑波大学教授(中教審特別部会委員)

[有料会員限定]

中央教育審議会の特別部会が、実践的な職業教育を行う4年制職業大学創設の議論を進めている。部会委員を務める筑波大学の金子元久教授は職業大学には課題が多いと指摘する。

大学教育と職業との関係は今、大きな転換点に立っている。

ふり返れば戦後の高度成長期に、家庭所得の上昇を背景として、日本の高等教育は急速に大衆化した。他方で科学技術者への需要が拡大すると同時に、巨大化する企業組織のホワイトカラーとして多数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン