2018年8月16日(木)

バター不足で制度改革案 生乳取引に入札導入へ 値決めの透明性向上 指定農協再編し交渉力

2015/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 不足が長期化するバターや牛乳を作りやすくするため、原料の生乳取引の改革案を自民党が9日まとめた。来年度から入札制度を導入し、生乳の卸価格の一部に需給を反映させる。コスト増を転嫁しやすくするほか、値決めの透明性を高めることで酪農家の適切な取り分を議論しやすくする。

 酪農をとりまとめる農協に再編を促し、年間契約で乳業会社との価格交渉力をつけさせるほか、酪農家が負担する経費も見直して所得向上もめざす。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報