/

この記事は会員限定です

台湾HTC 赤字転落

スマホ不振で 4~6月売上高半減

[有料会員限定]

【台北=山下和成】台湾のスマートフォン(スマホ)最大手、宏達国際電子(HTC)が6日発表した2015年4~6月期の連結売上高は前年同期から半減した。切り札として3月に投入したスマホの高級機種「HTC One M9」が不振だった。最終損益も赤字に転落。市場ではHTCの身売り観測も飛び交っている。

売上高は49%減の330億台湾ドル(約1320億円)だった。同社が4月末に予想した460億~510億台...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン