投信の7割、市場平均に負ける
緩和マネーが経験則覆す 食品・銀行株…新たな連動

2015/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

市場の「常識」が崩れつつある。日経平均株価は2万円台に駆け上がったのに、投資のプロであるファンドマネジャーは運用成績を伸ばせていない。7割の投資信託で運用成績が市場平均を下回るという異常事態だ。金利と食品、原油と銀行、そして為替と商品。グローバルに行き交う投資マネーは経験則にはなかった新たな関係を生み、投資家を翻弄している。

「割高」でも上昇

「何を買えばよいのかさっぱり分からない」――。ある国内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]