再考・中小企業政策(中)
新陳代謝の促進に軸足を 後藤康雄 経済産業研究所上席研究員

2015/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

これまでわが国は、政策的にも社会的にも「中小企業」に高い関心を持ってきた。中小企業部門は、雇用の約7割、付加価値の半分近くを占める。その活性化抜きに日本経済の力強い成長は難しい。

まず、わが国の経済成長における中小企業部門をマクロ的にとらえてみる。労働生産性の変化に対する寄与度を企業規模別にみると、中小階層で伸び悩んでいたことがわかる(図1参照)。業種の視点を交えれば、サービス業をはじめとする非…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]