/

この記事は会員限定です

第12章 日本人の精神性(9)

「自制」通じ弱者に共感 慶応義塾大学教授 坂本達哉

[有料会員限定]

経済学の道徳論で、「正義」の徳が「機会の平等」を求めるとすれば、「善行」の徳は「結果の平等」を促します。中立的な第三者である「公平な観察者」が競争で不利益を被った人に共感し、苦難を軽減しようと思うとき、「善行」の出番がきます。

米国の富裕層は慈善活動に熱心です。米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は8億ドル(約950億円)近い資産の大半を慈善事業に寄付すると表明し、米マイクロソフト創...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン