「コーヒーに健康効果」の裏側は
疫学、病気予防に生かす 信頼度は手法ごとに差

2015/6/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コーヒーを1日にたくさん飲む人は、飲まない人に比べて心臓病や脳卒中などで死亡するリスクが大きく下がることがわかった。研究をしたのは日本を代表する国立がん研究センターや東京大学などだ。コーヒーの愛飲者にとっては朗報だが、実はこの結果は疫学研究という手法で出てきた。コーヒーは本当に体にいいのか。疫学研究のカラクリを探ってみた。

とりまとめたのは東大の井上真奈美特任教授らだ。1990年代から40~69…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]