/

この記事は会員限定です

MERS対策で基礎成果

東京薬科大、増殖防ぐ化合物 京都府立大はダチョウで抗体

[有料会員限定]

韓国で感染が広がる中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)コロナウイルス=写真は国立感染症研究所提供=の感染予防や治療につながる基礎成果が相次いでいる。東京薬科大学などは特定の化合物にウイルスの増殖を妨げる効果があるのを細胞実験で確かめた。京都府立大学はウイルスに強く結合する抗体を開発した。MERSは有効な薬やワクチンがなく、対症療法に限られる。今後、動物実験などで効果を確認する。

東京薬科大学の林良...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン