米「トランス脂肪酸」禁止 食品・外食、使用削減急ぐ
山崎製パンや日本KFC、製造過程で改良

2015/6/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米食品医薬品局(FDA)が16日、「トランス脂肪酸」の食品添加物を2018年6月から原則禁じると発表した。心臓疾患などのリスクを高めると判断した。日本でも山崎製パンなどの食品メーカー、日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC、東京・渋谷)などの外食チェーンがさらに削減する取り組みを急ぐ。消費者の関心の高まりを受け、対策の遅れている中小企業などは原料や製法の見直しでコスト高にもつながりそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]