/

この記事は会員限定です

新国立劇場「東海道四谷怪談」

白と黒のシンプルな世界

[有料会員限定]

新国立劇場が開場以来、初めて鶴屋南北の作品を上演している。代表作「東海道四谷怪談」で、演出は最近評価が高まる森新太郎。新劇、小劇場系の俳優らを擁して古典歌舞伎の現代化に取り組んだ。上演台本はフジノサツコ。

特徴は直助権兵衛とお袖が実の兄妹と知らず情を通じる因縁話をカット、民谷伊右衛門(内野聖陽)と妻のお岩(秋山菜津子)の関係に絞っている点。そして伊藤家孫娘お梅(有薗芳記)などお岩以外の女性を男優が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン