/

この記事は会員限定です

エネルギーと環境 日本の選択(中)積み上げた「26%」影薄く

[有料会員限定]

2030年。日本の家からは白熱電球や蛍光灯が消え、省電力の発光ダイオード(LED)に置き換わる。無人の部屋は自動で消灯。室内の熱で風呂を沸かす次世代給湯器は4世帯に1台。今は普及率1%未満の電気自動車も10台に2台――。

国民運動を再現

温暖化ガスの削減へ政府が列挙した対策だ。残り15年で1970~90年と同等の35%のエネルギー効率改善をめざす。切り札は「第1次石油危機時並みの国民運動」。深夜の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン