細胞が放出「エクソソーム」、がん進行・転移に関与
新たな治療法開発の糸口に

2015/6/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 がん治療の最大の壁になっている進行や転移に、細胞が出すマイクロカプセル「エクソソーム」が密接にかかわっていることが明らかになってきた。がん細胞が作る情報物質をほかの細胞に運び、増殖や転移につながる反応を引き起こしている。がんの進行を抑える新たな治療法を開発する手掛かりになりそうだ。

 エクソソームは脂質の膜でできた、直径50~100ナノ(ナノは10億分の1)メートルの微小なカプセルで、多くのがん細…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

エクソソームがん

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 11:34
1:00
信越 2:00
2:00
東海 11:30
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 12:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
12:16
11:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報