/

この記事は会員限定です

デジタルアーカイブ研究拠点、東大に設立

[有料会員限定]

文書や映像、音声などの資料を集めてデジタル化し、保存、公開する「デジタルアーカイブ」の研究拠点を東京大学が設立、9日に開設記念のシンポジウムを開いた。学内の書籍や新聞のデジタル化、資料の公開に欠かせない著作権処理の簡素化など研究課題が挙がっただけでなく、米国や欧州、中国に比べて組織の垣根を越えたアーカイブのネットワーク化が進まない日本の現状も指摘された。

研究拠点は大日本印刷の寄付講座として東大大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン