/

この記事は会員限定です

特許法改正案とは

[有料会員限定]

▼特許法改正案 社員の仕事上の職務発明を特許にする権利は、現行法ではまず社員に帰属する。会社は規則を設けて権利を譲り受けられるが、相当の対価(金銭)が必要だ。

2000年前後に対価を巡る訴訟が相次ぎ、産業界側は「最初に権利が社員にあると訴訟リスクや技術流出の懸念がある」などと権利を初めから会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン