アパレル各社、「日本製」で米市場開拓
三陽商会、人気コートを販売/エドウインはジーンズ輸出再開

2015/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 「日本製」の品質を前面に出して海外市場に挑むアパレル企業が増えている。三陽商会は米国で日本製コートの販売を始め、ジーンズのエドウイン(東京・荒川)も米国向け輸出を再開する。日本製の衣料品は縫製の丁寧さなどから価格が高めでも海外市場での評価は高い。円安も追い風に海外へ売り込み、ブランド力の向上にもつなげたい考えだ。

 三陽商会は今年の秋冬商品から、米国の百貨店で「100年コート」の販売を始める。日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 17:00
2:18
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報