/

この記事は会員限定です

視覚障害者向け本を迅速に

電子・音声など点数拡大

[有料会員限定]

全盲や弱視などの視覚障害者が読書しやすい環境を整えようという機運が、図書館や出版社のあいだで高まってきた。視覚障害対応の電子書籍を短期間で編集する仕組み作りが始まり、大きい活字の書籍の製作を支援する組織や、朗読を録音した「オーディオブック」の普及を目指す協議会も産声を上げた。こうしたサービスは高齢者にも使いやすく、読書をより身近なものにする可能性を秘めている。

日本点字図書館(東京・新宿)は国立国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン